褒めるときは褒める!叱るときは叱る!メリハリのある社員教育を!

叱るときは感情的にならない

自分の会社の戦力である社員を教育する際には、叱るときと褒めるときにメリハリをつけなくてはいけません。では、いったいどのように叱ったり褒めたりすると良いのでしょうか。
まずは正しい叱り方についてです。絶対に感情的にならず、理路整然と伝えなくてはいけません。教育とはいっても相手も大人ですので、子どもに言うような叱り方をしてはいけません。また、相手が納得する理由づけをすることも非常に大切です。納得しないまま叱られていては、相手の心にモヤモヤを残すだけになってしまいます。
また、絶対に他の人がいる場所で叱らないようにしましょう。必要以上の屈辱を与えたということになり、パワーハラスメントになってしまいます。

褒める時にも理由を伝える

続いて、社員教育の際に効果的な褒め方についてです。こちらも、ただやみくもに褒めていてはいけません。相手も大人ですので、意味のない褒め言葉ばかりを伝えていると馬鹿にされていると思ってしまうでしょう。
褒めた方が良い時期をねらい、理由を明確にしながら、どこが良かったのかということを伝えると良いかもしれません。自分が行ったことが、どのようにして会社に貢献したのかということを、しっかりと伝えることが大切なのです。自信を持つことによって、今以上に頑張るようになるでしょう。
そして叱る時とは逆に、褒める時にはまわりに人がいる場所の方が良いでしょう。その際、ひいきをしていると思われないようにすることも考えなくてはいけません。